糖尿病の合併症| 阪急上新庄駅 玉谷クリニック 東淀川区│狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・癌・認知症・足病変・歯周病・透析治療

大阪糖尿病ネット~糖尿病と上手に暮らす~

06-6323-8181

診療時間 月~土 9:00~12:30 / 月・火・水・金 16:00~19:00|休 診 日 木曜午後、土曜午後、日曜・祭日

糖尿病の合併症

合併症

糖尿病は全身の血管に様々な問題が現れ、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞、人工透析や失明など深刻な事態にも陥りかねません。

血糖値が高くても、初期のころは自覚症状がほとんどないため、糖尿病に気づかなかったり、気づいていてもつい治療をおろそかにしてしまう人も少なくありません。しかし、そのまま放置して病気が進行すると、多くの場合、合併症が起こります。進行すると、失明に至ることもある糖尿病網膜症、透析治療などが必要になる糖尿病腎症、壊疽(えそ)を起こして足や手を切断することもある糖尿病神経障害の「三大合併症」を起こすこともあります。
また、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる病気を引き起こす可能性が高まります。そのため、早いうちから、血糖値をコントロールすることが大切なのです。

合併症はいつから起こる?

糖尿病の合併症の進行は糖尿病予備軍の時から始まっています。

合併症の推移

「血糖値は高めだけど、まだ糖尿病じゃない。」「健診では血糖は正常だった。」という方も、食後血糖値が高いと「糖尿病予備軍」になります。合併症は「糖尿病予備軍」の時から始まっています。

糖尿病の三大合併症(細小血管症)

細い血管は末梢神経や臓器内に血液を運ぶ役割を持っています。高血糖が長く続くと細小血管が障害を受けて、血管が詰まったり血液が漏れるようになります。このため、細小血管から栄養を補給されている末梢神経や細小血管が張り巡らされている組織(網膜や腎臓など)に異常が現れます。
細小血管症の発症・進行を抑えるにはできるだけ正常に近い血糖コントロールが大切です。

1.糖尿病性神経障害
低血糖の症状も注意

合併症の中で最も早く出てくるのがこの神経障害です。症状は、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどといった神経に関わる症状です。
足の痛みに気付かずに細菌感染を起こして、壊疽(えそ)となり足の切断を余儀なくされる方もいらっしゃいます。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ発汗異常、インポテンツなど、さまざまな神経障害の症状も現れます。

2.糖尿病性網膜症
低血糖の症状も注意
合目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあり、白内障になる人も多いといわれています。
3.糖尿病性腎症
低血糖の症状も注意
おしっこを作る腎臓の糸球体という部分の血管が悪くなり、だんだんおしっこが作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければなりません。
週に2~3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人口透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

大血管障害:動脈硬化の進行

低血糖の症状も注意

「糖尿病予備軍」の時から動脈硬化が始まっているといわれています。糖尿病発症後さらに動脈硬化が促進されることにより、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、などの大血管症を発症します。高血圧や脂質異常症(高脂血症)、肥満、喫煙などは動脈硬化性疾患を発症する危険性を高めるため、糖尿病患者さんは血糖値のコントロールはもちろん、これらの疾患の治療および生活習慣の改善が重要です。

一日の血糖値の変化

「糖尿病予備軍」は空腹時の血糖は正常でも、食後の血糖値が高くなっています。食後高血糖と呼ばれています。この食後高血糖が血管を痛める原因となって、動脈硬化が進んで、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞の危険を高めていくと言われています。最近では、食後高血糖は認知症との関係も報告されています。

その他の合併症

足病変
低血糖の症状も注意
血糖値が高い状態が続いて足などの血行や神経に障害が起こると、痛みなどに対する感覚が鈍くなります。足に水虫や小さな傷などがある場合、その傷に気づかずに放置することになり、細菌感染が広がって皮膚潰瘍(何らかの原因で皮膚に穴があくこと)や壊疽(えそ)が起こります。これらは足に起こることが多く、重症化すると足を切断しなければならないこともあります。日頃から足をよく観察し、また家族などにも見てもらったりして足を常に清潔に保つことが重要です。
歯周病
低血糖の症状も注意
歯周病は、歯周病菌が歯周組織に感染して起こる慢性的な感染症です。血糖値が高い状態では菌の増殖を抑える力が弱っているため、歯周病の重症化がしばしばみられます。歯周病は心筋梗塞などの動脈硬化性疾患や感染性心内膜炎、呼吸器疾患などの誘因にもなるため、注意が必要です。
また、歯周病は、網膜症、腎症、神経障害、足病変、大血管障害に続く、糖尿病の6番目の合併症といわれるほど、糖尿病に多くみられる疾患です。
認知症
健康な方に比べ糖尿病の方のほうが認知症の発症は2.1倍多いことが報告されています。 また、血糖の1日の変動が大きいほど認知症が多いことも報告されています。この血糖変動のことを「食後高血糖症」といい、糖尿病予備軍の方によくみられる症状です。食後血糖の方も健康な方に比べ1.6倍認知症になりやすいことが報告されています。
認知症になる割合
糖尿病や糖尿病予備軍がなぜ認知症の原因となるのか、まだわかっていない部分も残っていますが血糖を下げるホルモンであるインスリンの働きが悪くなると脳のエネルギー代謝が悪くなって神経細胞にダメージがおこると言われています。
インスリンの働き
男性では特に肝臓癌:2.24倍
女性では特に子宮内膜癌:1.84倍
糖尿病と診断されたことのある日本人においては,何らかの癌を罹患する危険が糖尿病でない方に比べて、男性では1.27 倍、女性では1.21 倍多いことが報告されています。
ガンの発生
高インスリン状態:「糖尿病」や「糖尿病予備軍」の方は、身体が血糖値を正常に戻そうとして、多くのインスリンが膵臓から分泌されて、高インスリン状態になっています。高インスリン状態は、癌細胞を増殖させると考えられています。
高血糖状態:「糖尿病」や「糖尿病予備軍」の方は高血糖状態や食後高血糖の状態になっています。高血糖状態や食後高血糖は、酸化ストレスとなって、DNAを傷害し、癌の発生につながると考えられています。また、癌の栄養は糖であり、高血糖状態は、癌細胞の増殖につながると考えられます。